ニューヨークシティパスを格安で購入しよう!購入方法・買い方を詳しくご紹介します。

ニューヨークシティパス チケット購入予約ガイド

GO Airlink NYC(エアリンク ニューヨーク)の空港送迎

ここでは、ニューヨークの空港「ジョンエフケネディ空港、ニューアークリバティ空港、ラガーディア空港」⇄マンハッタン市内の送迎をしてくれる、空港シャトルバンGO Airlink NYC(エアリンク・ニューヨーク)の空港送迎についてご紹介します。

 

GO Airlink NYC(ゴー エアリンク ニューヨーク)とは

エアリンク

GO Airlink NYC(ゴーエアリンクニューヨーク)とは、ニューヨーク市周辺にある3つのの空港(ジョンエフケネディ空港、ニューアークリバティ空港、ラガーディア空港)から、マンハッタン市内への送迎を行う相乗りのシャトルバンです。

GO Airlink NYC

GO Airlink NYC(ゴー エアリンク ニューヨーク)の価格・料金

行き先にもよるので一概には言えませんが、「空港発 → グランドセントラル駅(ミッドタウンマンハッタン)着」に設定した際の料金シミュレーションを残しておきます。

空港発 → グランドセントラル駅着の料金シミュレーション(1人、片道)
出発空港 料金(概算)
JFK空港 $21.77
ニューアークリバティ空港 $21.00
ラガーディア空港発 $19.60

金額のみで比較した場合、「空港 → ターミナル駅」までの走行となる空港バスNYCエアポーターよりも若干割高です。

 

GO Airlink NYC(ゴー エアリンク ニューヨーク)を利用するメリット・おすすめな方

たとえば、JFK空港⇄マンハッタンの交通手段の中には、以下のような手段があります。

  • 空港バス(NYCエアポーター
  • シャトルバス(エアリンク、スーパーシャトル)
  • エアトレイン+地下鉄
  • タクシー
  • リムジンバス
GO Airlink NYCのメリット・デメリットまとめ
メリット
  • 希望の行き先(ホテル)まで直接行けるので乗り換えがなくて楽
  • 座れるので電車移動と比較すると楽
  • スーツケースを預けられるので身軽
  • 料金は求めやすい価格
デメリット
  • 交通渋滞に遭遇する可能性あり
  • エアトレイン+地下鉄と比較すると、料金は約2倍

相乗りシャトルバンは、最終的にホテルまで送り届けてくれるため、重たい荷物がある時に重宝しますし、金額も求めやすいのが特徴。タクシーと空港バスの中間のような位置づけといえるでしょう。

空港到着後は、飛行機の長旅で疲れていることが多いです。この後の予定がタイトではなく、とにかく身体を休めておきたい!という方にはおすすめの移動手段といえるでしょう。

一方、相乗り乗車のため、同乗している別のお客さんが指定する行き先・場所によっては、自分の行き先が後回しにされる可能性もあります。

空港到着後、マンハッタンでの予定がタイトな場合は、電車の方が時間の計算がしやすくよいかもしれません。

GoAirlink

また、GO Airlink NYCでは、相乗りシャトルバン以外にも、セダン(最大3人まで)、SUV(最大6人まで)、プライベートバン(最大11人まで)のレンタルもできます。

卒業旅行あるいは社員旅行など、大人数で移動する予定の場合は、SUVやプライベートバンをレンタルするのも選択肢のひとつ。

 

GO Airlink NYC(ゴー エアリンク ニューヨーク)の予約方法

GO Ailink NYCは、公式サイトから予約可能です。

▼ GO Airlink NYCの公式ウェブサイトへ移動! ▼

投稿日:2016年9月4日 更新日:

Copyright© ニューヨークシティパス チケット購入予約ガイド , 2018 AllRights Reserved.