ニューヨークシティパスを格安で購入しよう!購入方法・買い方を詳しくご紹介します。

ニューヨークシティパス チケット購入予約ガイド

NYCエアポーター(NYC Airporter)の予約方法

ここでは、ニューヨークのジョンFケネディ国際空港(またはラガーディア空港)からマンハッタンの主要ターミナルとを結ぶ空港バス、エヌワイシー・エアポーター(NYC Airporter)の料金や注意点、購入予約方法についてご紹介します。

 

NYCエアポーター(NYC Airporter)とは

NYCAirporter_HowItWorksBanner

NYCエアポーター(NYC Airporter)は、ジョンFケネディ国際空港・ラガーディア空港とマンハッタンの主要ターミナルを行き来するのに便利な空港バスです。

NYC Airporter

「ジョンFケネディ国際空港ーマンハッタン間」の移動所要時間は、オフピーク時は約1時間〜約1時間30分、ピーク時は約1時間30分〜2時間。朝の5時から夜23時まで、運転間隔は30分に一本走っています。

「ラガーディア空港ーマンハッタン間」の移動所要時間は、オフピーク時は約30分〜1時間、ピーク時は約1時間〜1時間30分です。

マンハッタン島 停留所のマップ

  • グランド・セントラル・ターミナル(Grand Central Terminal)
  • ポート・オーソリティ(Port Authority)
  • ペンシルベニア駅(Penn Station)

マンハッタン島側の停留所は計3ヶ所。いずれもミッドタウン(マンハッタン島の中央)の主要駅近くに停留所があります。

周辺には色んな路線の地下鉄が走ってますので、マンハッタン島内にホテルがある場合は、停留所から降りた後に乗り換えも少なく便利です。

NYCエアポーターの価格・料金

「JFK空港ーマンハッタン」「ラガーディア空港ーマンハッタン」を結ぶ路線の、チケット料金(1人あたり)です。

JFK空港ーマンハッタン 往復(ROUND TRIP) $30
JFK空港ーマンハッタン 片道(ONE WAY) $17
ラガーディア空港ーマンハッタン 往復(ROUND TRIP) $26
ラガーディア空港ーマンハッタン 片道(ONE WAY) $14

「JFK空港ーマンハッタン間」で往復(ROUND TRIP)を購入すると、片道(ONE WAY)をそれぞれ購入するよりも、$4割引となります。

往復で利用する場合は、往復チケット(ROUND TRIP)を購入した方がお得ですね。

【補足】 バスにはスーツケースを預けられますが、下車時、スーツケースを引き取る際、ポーターにチップを$1支払います。

 NYCエアポーターの購入予約方法はこちら

 

NYCエアポーターを利用するメリット・こんな方におすすめ

たとえば、ジョンFケネディ空港⇄マンハッタンの交通手段は、NYCエアポーター(空港バス)の他にもあります。

  • シャトルバス(エアリンク、スーパーシャトル)
  • エアトレイン+地下鉄
  • タクシー
  • リムジンバス

NYCエアポーターのメリット・デメリットをまとめます。

NYCエアポーターのメリット・デメリットまとめ
メリット
  • 座れるので電車移動と比較すると楽
  • スーツケースを預けられるので身軽
  • 料金は求めやすい価格
  • 車内で無料WiFi利用可能
デメリット
  • 交通渋滞に遭遇する可能性あり
  • エアトレイン+地下鉄と比較すると、料金は約2倍

重たい手荷物を持ってニューヨークの地下鉄を乗り換えるのは若干疲れますし、料金もタクシーと比較すると安いので、NYCエアポーターの利用価値は高いです。

ただし、最大のデメリットは交通渋滞のリスクです。こればかりは不確実なことなので、余裕を持ってスケジューリングするしかありません。特に、帰り(マンハッタン→空港)の場合、飛行機に乗り遅れたら最悪ですので、あらかじめ余裕を持って旅行日程を立てたほうがいいでしょう。

ちなみに、わたしが旅行した時は、「JFK空港→マンハッタン」のルートがかなり混雑しており、「2時間」程かかりました。逆に、帰国する際の「マンハッタン→JFK空港」の時は1時間もかからずに到着。空港のカフェやお土産屋さんで時間つぶしして過ごしました。

航空会社のターミナルを把握しておこう

ジョンFケネディ空港は、ターミナルが1〜8まであります。

航空会社によってターミナルが違うため、NYエアポーターはターミナル間を移動します。「マンハッタン→空港」間で利用する際は、どのターミナルで降りるべきなのか?しっかり事前にEチケットを見て確認しておきましょう。

ちなみに日系航空会社の場合、日本航空(JAL)はターミナル1、全日本空輸(ANA)ターミナル7です。その他、デルタ航空は3と4、ユナイテッド航空は7、アメリカン航空は8です。

 

NYCエアポーターの乗り方・利用方法

JFK空港(or ラガーディア空港)からマンハッタン島へ

JFK空港(or ラガーディア空港)に到着したら、手荷物受け取り所(Bagagge Claim)の外にある「Express Buses」の看板の案内に従い、NYC Airporterのバス停留所に向かいましょう。

nycairporter_agent

NYC Airporterのスタッフは、冬の時期はグリーンのジャンパー、夏期は白いシャツが目印です。

事前に予約している場合は、印刷したバウチャーを提示すればOK。

マンハッタン島からJFK空港(or ラガーディア空港)へ

マンハッタン島からJFK空港(or ラガーディア空港)へ向かう場合も、停留所の付近にNYC Airporterの置き方看板&スタッフがいるので、そこから乗車して向かいます。

日本の高速バス停留所のように、立派なバスターミナルではなく、路上です。

 

NYCエアポーターの予約方法

NYCエアポーターは、公式サイトから予約可能です。公式ウェブサイトでは割引を行っていることもあるので、要チェック!

▼ NYCエアポーターの公式ウェブサイトへ移動! ▼

New_York_Airport_Shuttle_Bus01b

「BOOK NOW」の箇所に、必要な情報を入力します。

  1. 片道(One-Way)か往復(Round Trip)かを選択
  2. 乗車場所を選択
  3. 降車場所を選択
  4. 「Next」をクリックして進む

New_York_Airport_Shuttle_Bus02b

予約情報(Booking information)を入力していきましょう。

  • First Name:名前
  • Last Name:姓
  • One-Way or Round Trip:片道または往復
  • Travel / Teturn Date:乗車日(往復の場合は、右側の日付も入力)
  • Pickup Location:乗車場所
  • Drop-off Location:降車場所

加えて、運賃詳細(Fare Details)の入力です。大人の人数と子供の人数を選択し、金額をチェック。「Next」を押して次へ進みます。

New_York_Airport_Shuttle_Bus03b

さいごに、支払い情報(Billing Information)を入力します。

クレジットカード会社はビザやマスターカードに加えて、日本人観光客向けにJCBにも対応してます。

入力後にNextを押し、最終確認画面をチェックした後、注文確定です。あとは、予約確認書をPDFで保存・印刷し、旅行当日に持って行きましょう。

投稿日:2016年8月31日 更新日:

Copyright© ニューヨークシティパス チケット購入予約ガイド , 2018 AllRights Reserved.